担々麺

 

「天秤棒 (てんびんぼう) で担いで売り歩いた麺」。

担々麺は、もともとは中国四川省発祥の麺料理で、天秤棒で担いで売り歩いていた、汁なしのファーストフードのようなものでした。

それを『料理の鉄人』で有名な陳建一氏の父であり、「日本の四川料理の父」と呼ばれた陳建民氏が日本人の口に合うようアレンジしたものが、現在の担々麺の始まりであると言われています。

辛味を効かせたひき肉に、つるつるの中華麺。ラー油と芝麻醤の風味のスープが食欲をそそります。