治療方針

 

患者様に寄り添い、それぞれの患者様の病状や生活状況に配慮しながら、できる限り最適な治療のご提案を行っております。


当院では、お怪我による骨折・脱臼・靭帯損傷や、変形性関節症・頚椎症・五十肩・腰椎椎間板ヘルニア・関節リウマチ・骨粗鬆症など治療を主に行っています。

お怪我については、まず手術などを行わない治療の検討を行い、手術が必要と判断した時はできるだけお身体に負担がかからない、適切な手術を選択しています。高度な治療を要する場合は、患者様のご意向を伺った上で治療が可能な医療機関への紹介を行っています。

その他の疾患についても、丁寧に説明を行い適切な治療を行っておりますが、病気によっては、早めに治療を始めることでその進行を遅くすることができます。気になることがあればお気軽にご相談ください。

治療の流れ

  •  

     問診》
     現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。
  •  《診療・諸検査》
     問診に基づき、診察及び必要に応じて検査を行います。

     <当院で実施できる検査>
    ・レントゲン検査
    ・MRI検査
    ・超音波検査
    ・骨密度検査
    ・心電図検査
    ・血液検査(一部を除いて検査会社へ依頼するため、結果は後日ご説明いたします。)
    ・血管進展性検査(動脈硬化の検査)

  •  

    《治療》
    手術や処置、通常の日常生活に復帰するためのリハビリテーションを行います。
  • 《投薬》
    症状によって薬を処方いたします。

    当院は院内に薬局がございます
    (院内処方)ので、お会計の際に、当院の窓口でお薬の飲み方、効能等をご説明してお渡ししております。

    ➡院外薬局に取りに行っていただく必要はございません。

    院内処方のため、より低いご負担でお薬を提供しております。